ホーム > 特設サイト一覧

特設サイト一覧

これまでのサイトを見る

叡智の図書館と十の謎

至りし者は森羅万象に通じ、神に等しい力を手に入れる――長い旅の末、伝説の図書館にたどり着いた旅人に守人は謎をかける。鍵となるのは十の物語。本格ファンタジーの新旗手による意欲作!

花咲舞が黙ってない

2024年テレビドラマ化! 生き残りを賭けた合併交渉が進む中、パンドラの箱を開けてしまった花咲舞は......跳ねっ返り女子行員が銀行の「闇」に斬りこむ、痛快連作短編集

天気でよみとく絵画

古今東西の名画やマンガを天気という視点から見直すと、意外な発見に満ちている。描かれた雲から降水確率がわかり、天気の表現で作家の出身地も知ることができる。現役気象予報士による美大の人気講義

煌夜祭

魔物の姫、オレはあなたを救えただろうか?冬至の夜に語られる人と魔物の誓いの物語。多崎礼の原点、圧巻のデビュー作!

猫ピッチャー 英語版

Kenji Sonishi's "Neko Pitcher" cartoon series launched in April 2013 in the Sunday edition of The Yomiuri Shimbun. The humorous series follows the exploits of Miitaro, the first ever cat to pitch in pro baseball. The lovable moggy has gained huge popularity. English versions of the cartoon series appear Saturdays in The Japan News, The Yomiuri Shimbun's English-language daily.

言語の本質

なぜヒトはことばを持つのか? ヒトとAIの「学習」の違いは? 認知科学者と言語学者が力を合わせ、言語の誕生と進化の謎を紐解き、ヒトの根源に迫る!

誉田哲也 〈ジウ〉サーガ

圧倒的スピード感と過激なストーリー展開にはまる読者続出! 広がり続ける大人気警察小説シリーズの世界を体感せよ!

囚われの山 文庫版

世界登山史上最大級、199人の犠牲者をだした八甲田雪中行軍遭難事件120年前の痛ましき大事件に、歴史雑誌編集者の男が疑問を抱いた。すべての鍵を握るのは、白い闇に消えた、もうひとりの兵士。男は取り憑かれたように、八甲田へ向かう――。歴史時代小説の名手が未曽有の大惨事を題材に挑んだ渾身の長篇ミステリー。

幸せの条件 新装版

恋も仕事も中途半端な若手社員・瀬野梢恵に、突如下ったとんでも社命。それは、日本の未来を変えるかもしれないものだった!?

52ヘルツのクジラたち

二〇二一年本屋大賞第一位。自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年の新たな魂の物語――。〈解説〉内田 剛

猫ピッチャー

子どもから大人まで楽しめる大人気猫マンガ。<読売新聞日曜版人気連載>

流人道中記

読売新聞朝刊大好評連載、待望の文庫化。

黄色い家

十七歳の夏、「黄色い家」に集った少女たちの危険な共同生活は、ある女性の死をきっかけに瓦解し......。人はなぜ罪を犯すのか。世界が注目する作家が初めて挑む、圧巻のクライム・サスペンス。

新装版「スカイ・クロラ」シリーズ

新装にあたり、各巻に清涼院流水氏による著者インタビューを収録。それぞれの作品についてはもちろん、森作品おなじみの英文タイトルやエピグラフについても語られており、必読です!

ゲゲゲの鬼太郎

日本を代表する傑作妖怪マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」を、はじめて一挙掲載する文庫の決定版、刊行開始! 鬼太郎の旅がここから始まる!

その悩み、大胸筋で受けとめる

八方塞がりの恋愛、上司からの圧、低い自己肯定感、離婚の踏ん切りどき......誰しも抱える悩みに、新日本プロレス「100年に一人の逸材」棚橋弘至が向き合う。3年間の連載で見出したプロレス的思考からの導きは――

連鎖

失踪した食品会社社長の遺体が高速道路の非常帯に駐車中の車内で見つかった。彼の死は自殺と推定されるが。大阪・京橋署暴犯係の刑事、上坂勤と麻雀好きの礒野次郎が地道な捜査で絡んだ糸を一つ一つほどいていく。

螺旋プロジェクト

「螺旋」プロジェクト 「小説BOC」1~10号に渡って連載された、8作家による壮大な文芸競作企画。古代から未来までの日本で起こる「海族」と「山族」の闘いを描く。

『 水底のスピカ』乾ルカ

その転校生は、すべてを圧倒し、誰をも敗北させた――。『おまえなんかに会いたくない』の著者による、傑作書き下ろし青春群像劇

『歩きながら考える』ヤマザキマリ

コロナ禍でさらに思索を深めた「旅する漫画家」による、自分の頭で考え、自分の足で歩き続けるための実践的指南書

『 旅立ちの日に』清水晴木 著

「――あなたに出会えてよかった」東京湾を横断するフェリーが発着する小さな港町・金谷を舞台に、約30年に亘って、紡がれる出会いと別れ、そして再生の物語。

『夜の道標』芦沢央著

あの手の指す方へ行けば間違いないと思っていた――。作家生活10周年記念、慟哭の長篇ミステリー。

「任侠」シリーズ

今野敏の大人気シリーズ、ヤクザが人と会社を立て直す「任侠」シリーズ第6弾。今度の舞台はオーケストラ! まさかの事件発生で、あの警視庁捜査一課・碓氷弘一がやってきて......。阿岐本組、大ピンチ!?

『おかえり横道世之介』吉田修一 著

横道世之介、バブル最後の売り手市場に乗り遅れた二十四歳。人生のダメな時期にあっても、彼の周りには笑顔が絶えない。〈巻末対談〉沖田修一×高良健吾

『オッドアイ』シリーズ 渡辺裕之

陸上自衛隊のエリート特殊部隊員として将来を嘱望されながら、米軍との合同演習中に負傷。左目の色素が薄くなる後遺症をかかえ警察官へ転身した朝倉は、通称「オッドアイ」捜査官として機密事件を手がける。肉体と知能を極限まで駆使する、最強の警察小説シリーズ!

『火曜日のくま子さん』高橋和枝

あの日の自分が、いとおしくなる。夫もいないし子供もいない。収入もたいしたことない。でも 仕事も好きだし友達もいるしひとりの時間もいい。春がくることがあたり前じゃないと、若い頃よりずっと深く知っている......。40代・独身・在宅ワーカー。くま子さんの7年間。

『おばちゃんたちのいるところ』松田青子

追いつめられた現代人のもとへ、八百屋お七や皿屋敷のお菊が一肌ぬぎにやってくる。お化けの妖気が心のしこりを解きほぐす、ワイルドで愉快な連作短篇集。

『 幸村を討て』今村翔吾

昌幸、信之、幸村の真田父子と、徳川家康、後藤又兵衛、伊達政宗、毛利勝永らの思惑が交錯する大坂の陣――誰も知らない真田幸村の真の姿に最も旬な作家が迫る、ミステリアスな戦国万華鏡。

『おしゃべりな部屋』川村元気/近藤麻理恵

近藤麻理恵が片づけてきた1000以上の部屋にまつわる実話を基に、川村元気が紡ぐ7つの部屋の物語。気鋭の絵本作家・大桃洋祐のカラーイラストを40点以上収載。読売新聞連載時から話題沸騰の小説がついに単行本化!

『タラント』角田光代

片足の祖父、不登校に陥る甥、〝正義感〟で過ちを犯したみのり。心に深傷を負い、あきらめた人生に使命―タラント―が宿る。著者五年ぶり、慟哭の長篇小説

『マンガ日本の歴史』石ノ森章太郎

石ノ森章太郎・全編書下ろし 歴史マンガの金字塔 シリーズ累計950万部!

『威風堂々』伊東潤

『威風堂々』刊行記念 著者・伊東潤氏 特別インタビュー

『愛なき世界』三浦しをん

恋愛・生殖に興味ゼロの院生・本村紗英に、洋食屋の見習い・藤丸陽太が恋をした。一途で変わり者ばかりの研究室を舞台に、愛とさびしさが共鳴する傑作長篇。

『星を掬う』町田そのこ

千鶴が夫から逃げるために向かった「さざめきハイツ」には、自分を捨てた母・聖子がいた。他の同居人は、娘に捨てられた彩子と、聖子を「母」と呼び慕う恵真。四人の共同生活は、思わぬ気づきと変化を迎え――。

『青空と逃げる』辻村深月

大丈夫、あなたを絶対悲しませたりしない――。突然、日常を奪われてしまった母と息子。壊れてしまった家族がたどりつく場所は......。

『北条サーガ』富樫倫太郎

富樫倫太郎さんの人気シリーズ「北条早雲」「軍配者」「北条氏康」<北条サーガ>の特設サイトです。

『英語の読み方』北村一真

ネット上で海外発の情報に接する機会が増えた昨今、英語を読む力の重要性はますます高まっている。本書では、ニュース記事や論文、SNS、小説など、幅広いタイプの英文の読み方を指南。論理的な読み解きのセオリーを解説する。独学者にとって宝の山である各種サイトの活用法や、ネイティブでも間違えやすい表現など、「さらに上」を目指す人へのガイドも満載。巻末に、重要語彙・文法が身につく60の厳選例文を収録。

『化学探偵Mr.キュリー』喜多喜久

キャンパスで起こる謎を天才化学者が解き明かす人気シリーズ。
著者による解説やアンケートもご覧になれます

『滅びの前のシャングリラ』凪良ゆう

突然宣言された「人類滅亡」。滅びゆく運命の中で、凪良ゆうが「幸せ」を問う。2020年本屋大賞受賞後、待望の第一作

『純烈 人生相談 僕のお腹で、泣けばいい』酒井一圭(純烈リーダー)

こんな時代、人生は誰もが崖っぷち。みんなそれぞれの理由で息苦しい。そんな時には泣けばいい。僕の胸で、いえ「お腹」で泣いてください。

『扉はひらく いくたびも』竹宮惠子/知野恵子(聞き手)

読売新聞連載時から大反響!生い立ち、葛藤に直面した青春時代、名作『風と木の詩』『地球へ...』創作秘話、マンガを学問として追究、学生へ指導、デジタルを駆使し描くことへの新たな挑戦...時代と共に駆け抜けた、その半生を語りおろす。未知の表現に挑み続ける漫画家、竹宮惠子の決定版自伝。

中公在宅部

中央公論新社の有志で立ち上げたプロジェクト「中公在宅部」

マンガ 日本の古典

漫画界のレジェンドが一堂に会した夢の競作。刊行から24年、世代を超えて多くの古典ファンを育てたベストセラーです

西洋美術の歴史

歴史の本で定評のある中央公論新社がおくる、まったく新しい美術の本!
創業130周年を記念して2016年10月より配本開始となった全8巻の全集をご紹介します

谷崎潤一郎全集

愛、老い、性......あらゆる欲望が文学に昇華されている!
日本のみならず海外でも高く評価される、その豊かな世界を網羅した、まさに「決定版」全集の内容をご紹介します。