横道世之介

おかえり横道世之介
人生のダメな時期、万歳。
人生のスランプ、万々歳。
横道世之介、24歳
青春小説の金字塔、ふたたび
世之介、24歳。
いわゆる人生のダメな時期。それでも「あの時が良かった」、そう思わせてくれる温かな日々。

バブル最後の売り手市場に乗り遅れ、バイトとパチンコで食いつなぐこの男。名を横道世之介という。いわゆる人生のダメな時期にあるのだが、なぜか彼の周りには笑顔が絶えない。鮨職人を目指す女友達、大学時代からの親友、美しきヤンママとその息子。そんな人々の思いが交錯する17年後。オリンピックに沸く東京で、小さな奇跡が生まれる。

横道世之介と彼に関わる人々。
※画像をタップすると詳細が見れます
〈巻末対談〉沖田修一×高良健吾

おかえり横道世之介

『続 横道世之介』を改題

吉田修一 著

中公文庫 発売日:2022/5/24 定価:880円(10%税込) ISBNコード:ISBN978-4-12-207213-8
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • 紀伊國屋
  • honto
  • TSUTAYA
  • ehon
  • HonyaClub
こちらもどうぞ
世之介、18歳

長崎から上京してきた青年は
愛すべき押しの弱さと、隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる

横道世之介
文春文庫 2012/11/09 刊行
詳細はこちら

著者紹介

吉田修一

一九六八年長崎県生まれ。九七年「最後の息子」で文學界新人賞を受賞し、作家デビュー。二〇〇二年『パレード』で山本周五郎賞、『パーク・ライフ』で芥川賞、〇七年『悪人』で毎日出版文化賞と大佛次郎賞、一〇年『横道世之介』で柴田錬三郎賞、一九年『国宝』で芸術選奨文部科学大臣賞、中央公論文芸賞を受賞。その他の著書に『怒り』『静かな爆弾』『ミス・サンシャイン』など多数。

スペシャル対談

沖田修一×高良健吾『おかえり横道世之介』刊行記念対談婦人公論.jp

映画『横道世之介』(13年公開)の監督、沖田修一と、同作品で横道世之介役を務めた高良健吾の対談が『婦人公論.jp』に掲載されています