ホーム > 受賞情報

受賞情報

これまでの情報を見る
2017/10/04『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞

中公新書『シベリア抑留――スターリン独裁下、「収容所群島」の実像』(著者・富田武、2016年12月20日発売)が、2017年度・第29回「アジア・太平洋特別賞」を受賞いたしました。 この本は、ソ連によ...

2017/08/22『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書『ポピュリズムとは何か』(著者・水島治郎、2016年12月20日発売)が、 2017年度・第38回「石橋湛山賞」を受賞いたしました。 「日本でも既存政治への不信が募るなか、ポピュリズム的現象と...

2017/01/25『人口と日本経済』が週刊ダイヤモンド2016年『ベスト経済書』1位に選出

吉川洋著『人口と日本経済』(中公新書、2016年8月刊行)が「経済学者・経営学者・エコノミスト107人が選んだ2016年『ベスト経済書』」(週刊ダイヤモンド2016年12月31日・2017年1月1日合...

2016/11/08『六国史―日本書紀に始まる古代の「正史」』が2016年度古代歴史文化賞優秀作品賞を受賞

中公新書『六国史―日本書紀に始まる古代の「正史」』(著者・遠藤慶太、2016年2月25日発売)が、2016年度古代歴史文化賞優秀作品賞を受賞いたしました。...

2016/10/26『山岳信仰』の著者が秩父宮記念山岳賞を受賞

中公新書『山岳信仰 日本文化の根底を探る』の著者・鈴木正崇慶應義塾大学名誉教授が、日本山岳会の第18回(平成28年度)秩父宮記念山岳賞の受賞者に選ばれました。 中公新書『山岳信仰』はこちら ...

2016/08/22『三の隣は五号室』(長嶋有 著)が第52回谷崎潤一郎賞を受賞

長嶋有 著『三の隣は五号室』(単行本、2016年6月刊行)が第52回谷崎潤一郎賞を受賞しました。...

2016/05/19『道路の日本史』が平成27年度土木学会出版文化賞を受賞

 武部健一著『道路の日本史』(中公新書、2015年5月刊行)が、平成27年度土木学会出版文化賞(土木学会主催)を受賞しました。  「丹念に調査された過去の数多くの重要な文献に基づいて執筆され、全体を通...

2016/04/04『道路の日本史』が第41回交通図書賞を受賞

武部健一著『道路の日本史』(中公新書、2015年5月刊行)が、第41回交通図書賞(公益財団法人交通協力会・交通新聞社共催)を受賞しました。同賞は、交通関係の優れた図書に対して顕彰するもので、第3部(歴...

2016/03/16『仕事と家族』が第6回「不動産協会賞」を受賞

筒井淳也著『仕事と家族 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか』(中公新書、2015年5月刊行)が、第6回「不動産協会賞」を受賞しました。 同賞は、日本経済や国民生活に関する幅広い分野の著作物を対象とし...

2016/02/01『忘れられた詩人の伝記』が第67回読売文学賞評論・伝記賞を受賞

宮田毬栄著『「忘れられた詩人の伝記」』(2015年4月刊行)が、第67回「読売文学賞評論・伝記賞」を受賞しました。...

2015/12/18『あの家に暮らす四人の女』(三浦しをん 著)が第32回織田作之助賞を受賞

『あの家に暮らす四人の女』(三浦しをん 著)が、第32回織田作之助賞を受賞しました。 贈呈式は2016年3月7日、大阪市中央区の綿業会館でおこなわれます。 ...

2015/12/01『もののふ莫迦』が「オール讀物」主催「本屋が選ぶ時代小説大賞2015」を受賞

中路啓太著『もののふ莫迦』(単行本、2014年10月刊行)が、文藝春秋「オール讀物」主催「本屋が選ぶ時代小説大賞2015」を受賞しました。 既刊のロングセラー『うつけの采配』、新刊『獅子は死せず』 各...

2015/09/15『朝鮮王公族――帝国日本の準皇族』が第24回「山本七平賞推薦賞」を受賞

新城道彦著『朝鮮王公族――帝国日本の準皇族』(中公新書、2015年3月刊行)が、第24回「山本七平賞推薦賞」を受賞しました。 同賞は、政治・経済・歴史・思想・宗教・比較文化等の人文社会科学部門の作品か...

2015/06/10『日本占領史1945ー1952』が第16回「読売・吉野作造賞」を受賞

福永文夫著『日本占領史1945―1952』(中公新書、2014年12月刊行)が、第16回「読売・吉野作造賞」を受賞しました。同賞は、政治・経済・社会・歴史・文化の各分野における優れた論文・著作を顕彰す...

2015/06/04『天災から日本史を読みなおす』が第63回「日本エッセイスト・クラブ賞」を受賞

磯田道史著『天災から日本史を読みなおす』(中公新書、2014年11月発売)が、第63回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞しました。 古文書をもとに、古来から日本を襲ってきた地震、津波、火山噴火、豪雨など...

2015/02/17『Red』が第21回「島清恋愛文学賞」を受賞

優れた恋愛小説に贈られる、第21回島清恋愛文学賞(日本恋愛文学振興会主催)を、『Red』(島本理生 著)が受賞しました。今作は、島本理生さんが官能に初めて挑戦した意欲作です。 ...

2015/02/05『地方消滅』が「新書大賞2015」を受賞

有識者、書店員、各社新書編集部、新聞記者など新書に造詣の深い方々によって選ばれる、「新書大賞2015」を、『地方消滅 東京一極集中が招く人口急減』(増田寛也 編著)が受賞しました。...

2014/11/21『加賀開港始末』が第八回「舟橋聖一文学賞」を受賞

NHK大河ドラマの第一作となった、大老・井伊直弼を描いた『花の生涯』で知られる作家・舟橋聖一。その功績を称え滋賀県彦根市が創設した「舟橋聖一文学賞」を、『加賀開港始末』(谷甲州・著)が受賞いたしました...

2014/11/12『先進国・韓国の憂鬱』が、 2014年度サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞

大西裕著『先進国・韓国の憂鬱――少子高齢化、経済格差、グローバル化』(中公新書、2014年4月発売)が、2014年度(第36回)サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞しました。本書は、第9回樫山純三...

2014/10/31『飛鳥の木簡――古代史の新たな解明』が2014年(第2回)古代歴史文化賞の大賞を受賞

市大樹(いち・ひろき)『飛鳥の木簡――古代史の新たな解明』(中公新書、2012年6月発売)が2014年(第2回)古代歴史文化賞の大賞を受賞しました。 著者の市さんは1971年生まれ、大学卒業後、奈良...

2014/10/10『先進国・韓国の憂鬱』が、2014年(第9回)樫山純三賞(一般書部門)を受賞。

大西裕著『先進国・韓国の憂鬱――少子高齢化、経済格差、グローバル化』(中公新書、2014年4月発売)が、2014年(第9回)樫山純三賞(一般書部門)を受賞しました。 著者は1965年生まれ。行政学・比...

2014/09/01『平和主義とは何か』が、2014年(第35回)石橋湛山賞を受賞。

松元雅和著『平和主義とは何か』(中公新書、2013年3月発売)が、2014年(第35回)石橋湛山賞を受賞しました。 著者は1978年生まれ。刊行時は島根大学教育学部准教授、2013年9月より関西大学...

2014/04/10『ルネサンスの聖史劇』が第5回表象文化学会賞・奨励賞受賞

杉山博昭 著『ルネサンスの聖史劇』(2013年2月10日刊)が、第5回表象文化学会・奨励賞を受賞しました。...

2013/11/11『大阪――大都市は国家を超えるか』が、 2013年度サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞

砂原庸介 著『大阪――大都市は国家を超えるか』(中公新書、2012年11月発売)が、2013年度サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞しました。受賞作は新帯にて好評発売中です。 著者は35歳の気鋭...

2013/06/05『イギリス帝国の歴史』が第14回読売・吉野作造賞を受賞

『イギリス帝国の歴史』(秋田茂 著、2012年6月刊)が、第14回読売・吉野作造賞を受賞しました。...

2013/01/05『秀吉と海賊大名』が第28回愛媛出版文化賞【第1部門賞(研究・評論)】を受賞

『秀吉と海賊大名』(藤田達生 著、2012年1月刊)が、第28回愛媛出版文化賞 第1部門賞(研究・評論)を受賞しました。...

2012/12/14『母の遺産』が第39回大佛次郎賞を受賞

『母の遺産』(水村美苗 著、2012年3月刊)が、第39回大佛次郎賞を受賞しました。...

2012/11/13『経済大国インドネシア』(中公新書)が第16回国際開発研究 大来賞を受賞

中公新書『経済大国インドネシア――21世紀の成長条件』(佐藤百合 著、2011年12月刊)が、国際開発の様々な課題に優れた指針を示す研究図書を顕彰する第16回国際開発研究 大来賞を受賞しました。...

2012/10/15『贈与の歴史学』(中公新書)が第10回角川財団学芸賞を受賞

中公新書『贈与の歴史学ー儀礼と経済のあいだ』(桜井英治 著、2011年11月刊)が、第10回角川財団学芸賞を受賞しました。 ...

2012/10/04『経済大国インドネシア』(中公新書)が第24回アジア・太平洋賞大賞を受賞

中公新書『経済大国インドネシア――21世紀の成長条件』(佐藤百合 著、2011年12月刊)が、アジア・太平洋地域に関する優れた本を著した研究者らに贈られる第24回アジア・太平洋賞大賞を受賞しました。...

2012/09/19『昭和陸軍の軌跡』(中公新書)が第21回山本七平賞を受賞

中公新書『昭和陸軍の軌跡――永田鉄山の構想とその分岐』(川田稔著、2011年12月刊)が、第21回山本七平賞(PHP研究所主催)を受賞しました...

2012/06/11『革新幻想の戦後史』が第13回読売・吉野作造賞を受賞

『革新幻想の戦後史』(竹内洋著、2011年10月刊)が、第13回読売・吉野作造賞(読売新聞社・中央公論新社主催)を受賞しました。...

2012/03/23『谷干城』(中公新書)が第22回高知出版学術賞を受賞

中公新書『谷干城――憂国の明治人』(小林和幸著、2011年3月刊)が、第22回高知出版学術賞(高知市文化振興事業団主催)を受賞しました。 ...

2012/03/19『国鉄を企業にした男』が第37回交通図書賞(歴史部門)を受賞

『国鉄を企業にした男 片岡謌郎伝』(高坂盛彦著、2010年12月刊)が、第37回交通図書賞〔歴史部門〕(公益財団法人交通協力会・株式会社交通新聞社共催)を受賞しました。...

2012/03/14『萩原朔太郎』(中公選書)が第3回鮎川信夫賞(詩論集部門)を受賞

中公選書第1回配本中の一冊『萩原朔太郎』(野村喜和夫著、2011年11月刊)が、このたび、第3回鮎川信夫賞(詩論集部門)を受賞しました。 本書は評論でも研究書でもなく、「評釈つき詩集」だと著者...

2011/12/19『日中国交正常化』(中公新書)が第11回大佛次郎論壇賞を受賞

中公新書『日中国交正常化――田中角栄、大平正芳、官僚たちの挑戦』(服部龍二 著、2011年5月刊)が、第11回大佛次郎論壇賞(朝日新聞社主催)を受賞しました。...

2011/11/10『昭和天皇』(中公新書)が、第33回サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞

中公新書『昭和天皇 ――「理性の君主」の孤独』(古川隆久著、2011年4月刊)が、第33回サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞しました。中公新書としては、『伊藤博文 ――知の政治家』(瀧井一博著、...

2011/10/05『日中国交正常化』(中公新書)が第23回アジア・太平洋賞特別賞を受賞

中公新書『日中国交正常化――田中角栄、大平正芳、官僚たちの挑戦』(服部龍二 著、2011年5月刊)が、アジア・太平洋地域に関する優れた本を著した研究者らに贈られる第23回アジア・太平洋賞特別賞を受賞し...

2011/08/08中公叢書『戦時下の経済学者』が第32回石橋湛山賞を受賞

中公叢書『戦時下の経済学者』(牧野邦昭著、2010年6月刊)が、第32回石橋湛山賞に決定いたしました。...

2011/05/11『清冽』が第14回桑原武夫学芸賞を受賞

単行本『清冽 詩人茨木のり子の肖像』(後藤正治著、2010年11月刊)が、第14回桑原武夫学芸賞に決定いたしました。 ...

2011/03/22『歌う国民』(中公新書)が、第61回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞

中公新書2075『歌う国民--唱歌、校歌、うたごえ』(渡辺裕著、2010年9月刊)が2011年(第61回)芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)を受賞いたしました。...

2010/11/26『伊藤博文』がサントリー学芸賞受賞

瀧井一博 著『伊藤博文 知の政治家』(中公新書、2010年4月発売)が、2010年度サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞しました。現在、4刷、好評発売中です。 ...

2009/09/16『音楽の聴き方』(中公新書)が、第19回吉田秀和賞を受賞!

2009年6月に刊行されました、中公新書『音楽の聴き方』が、第19回吉田秀和賞に決まりました。...