ホーム > 会社概要

  • ごあいさつ
  • 会社情報
  • 所在地・アクセス
  • 小史

会社概要

ごあいさつ

中央公論新社は明治、大正、昭和、平成と困難な状況の中でも良書路線を貫き、2016年に創業130周年を迎えました。

明治時代には雑誌『中央公論』を創刊。1916年(大正5年)1月号に吉野作造の民本主義の論文を世に送り出すなど、近代化に足を踏み出した日本の言論界・文壇をリードしてきました。大正時代には、『婦人公論』が誕生します。常に女性の自立を目指す新しい風を吹き込み、2016年に創刊100周年を迎えました。戦中は谷崎潤一郎『細雪』の掲載禁止処分など言論弾圧に痛手を受けながらも耐え抜き、やがて戦後の発展期を迎えます。幾多のベストセラーを生み出すとともに、全集『世界の文学』『日本の文学』『世界の名著』『日本の名著』を矢継ぎ早に刊行。1962年(昭和37年)に中公新書、1973年(昭和48年)に中公文庫を創刊しました。平成に入ると『TUGUMI(つぐみ)』(172万部)、『「超」整理法』(102万部)など、ビッグヒットも相次ぎます。

1999年(平成11年)2月には読売グループの一員となり、中央公論新社として再スタートを切りました。教養・古典再ブームのさきがけになった『中公クラシックス』、ベストセラー『世界の日本人ジョーク集』を生んだ中公新書ラクレを創刊。2011年に文庫『八日目の蝉』が新社初のミリオンセラーとなり、13年には新聞折込のファッション誌『marie claire style』を創刊、創業以来の良書路線を軸にしつつも、広汎な出版活動を展開しています。2015年5月からは新編集による『谷崎潤一郎全集』全26巻の刊行も開始しました。

中央公論新社は、鋭い視点で本質を突く雑誌・書籍を読者に提供し、混迷の時代の水先案内人として歩み続けます。

株式会社 中央公論新社

会社情報

会社名株式会社 中央公論新社
創業1886年(明治19年)
資本金7000万円
役員・局長代表取締役社長 大橋善光
常務取締役事業戦略局長 関知良
取締役営業局長 吉村治
取締役雑誌編集主幹兼学芸局中央公論編集部長 斎藤孝光
取締役社長室長・労務・総務・システム担当 梅崎隆明
総務局長・コンプライアンス担当 多葉田聡
学芸局長 三木哲男
文芸局長 中田哲史
従業員146人(男75人 女71人) =2017年6月現在

所在地・アクセス

【地 図】
マップ

画像をクリックすると、印刷用PDFが表示されます。

所在地

〒100-8152
東京都千代田区大手町1-7-1
読売新聞ビル19階
TEL:03-5299-1700(代表) その他お問い合わせ:こちら

アクセス

東京メトロ (千代田線、丸の内線、東西線、半蔵門線)、都営三田線
 「大手町駅」C3番出口直結
JR東京駅より徒歩10分