ホーム > 新書 > 物語イギリスの歴史(下)

中公新書

物語 イギリスの歴史(下)

清教徒・名誉革命からエリザベス2世まで

君塚直隆 著

17世紀、王の絶対君主政への信奉は、清教徒・名誉革命を誘発し議会の権限が増す。18世紀半ば以降の産業革命下、内閣・政党が政治の主導権を獲得。グラッドストンら優れた政治家も現れ、19世紀、ヴィクトリア女王の時代は「世界の工場」かつ「最強国」となった。だが20世紀に入り、二つの世界大戦で国家は疲弊。経済停滞は「英国病」と揶揄された。本書は、近代化の胎動から、サッチャー、ブレアらが登場する現代までを描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2015/5/25
  • 判型新書判
  • ページ数264ページ
  • 定価本体820円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102319-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・改革者2015年11月号/清滝仁志(駒澤大学法学部教授)
・産経新聞2015年8月30日/秋田茂(大阪大学教授)
・読売新聞(朝刊)2015年8月23日/牧原出(東京大学教授)
・東京新聞(朝刊)2015年6月28日/平川祐弘(東京大学名誉教授)



関連書籍

web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5