ホーム > 単行本 > 牡蠣の森と生きる

単行本

牡蠣の森と生きる

「森は海の恋人」の30年

畠山重篤 著/鵜飼哲夫 聞き手

宮城県気仙沼の牡蠣養殖家はなぜ森に木を植える活動を始めたのか。生きものだけが友だちだった孤独な少年時代から、養殖家として成功し、東日本大震災で甚大な被害を受けながらも、それを乗り超えるまでを一気に語り下ろす「牡蠣じいさん」初の聞き書き自伝。中学校の国語教科書に採用された「森は海の恋人」など付録も充実。

書誌データ

  • 初版刊行日2019/5/22
  • 判型四六判
  • ページ数192ページ
  • 定価本体1300円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005195-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

単行本ニュース・トピックス

2019/07/25
『死にがいを求めて生きているの』刊行記念 朝井リョウさんサイン会(9月28日)のお知らせ
2019/06/17
澤田瞳子著『落花』が直木賞候補にノミネート
2019/04/26
三浦しをん著『愛なき世界』が日本植物学会賞の特別賞を受賞
2019/04/16
『風景論』著者、港千尋さんが2019年日本写真協会賞 学芸賞を受賞
2019/02/17
塩谷歩波著『銭湯図解』公式Websiteと、Twitterアカウント開設のお知らせ

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5