ホーム > 電子書籍 > 作家たちの愚かしくも愛すべき中国

電子書籍

作家たちの愚かしくも愛すべき中国

作家たちの愚かしくも愛すべき中国

なぜ、彼らは世界に発信するのか?

飯塚容 著訳 高行健/余華/閻連科 著

創作の自由を失い、流浪の旅をへて亡命した高行健は、中国語作家として初めてノーベル賞を受賞した。余華および閻連科は、その著作の過激さから発禁処分を受けるも、内外でノーベル賞の有力候補と言われている。本書は、三人の作家たちの講演、日本の著名作家との対談、オリジナル・インタビューをとおして、世界的に高く評価されている中国文学の魅力と、中国の激動の現代史をリアルに伝える。高行健×大江健三郎、ノーベル賞作家対談を収録。

書誌データ

  • 配信開始日2018/8/31
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格本体2200円(税別)
[an error occurred while processing this directive]