ホーム > 電子書籍 > 遥かなる山旅

電子書籍

遥かなる山旅

遥かなる山旅

串田孫一 著

山に登り、自然の中に身を置くことで、自らとの対話を続けた思索家の、山エッセイ・ベストセレクション。「何故人は山へ登るのだろう」という問いかけに始まり、山行きの持ち物から記憶に残る思い出の山々、詩篇まで、四十六篇を収録。『山歩きの愉しみ』改題。〈編・解説〉高丘卓
【目次】
Ⅰ 小前奏曲  孤独な洗礼
Ⅱ 身支度  輪ワカンジキ  道具  バドミントン・スタイル  時計と高度計  手帖  画帖  絵具  地図  乗車券  歩き方初歩  夏の山で気をつけること  山の灯  下山術  登山者と山の本
Ⅲ 山想  春蘭  光と水の戯れ  波  霙の降る林  高原の夕映え  暁の星  山と老人
Ⅳ 山の博物誌  山の博物手帖  山に棲む虫  冬の手帖  春の手帖  夏の手帖  秋の手帖  岩上の想い  雪崩の音  山上の初光  静かな流れのほとり
Ⅴ 心の山  上高地の今昔  小海線の車窓  上信越の山と峠  鳥海山  和山の宿  雨飾山  穴あき沢  関東の山々  北海道の山  北穂高岳  小黒部谷遡行剣岳  意地の悪い山案内
Ⅵ 詩篇  山頂  氷の岩峰 

書誌データ

  • 配信開始日2018/2/28
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格本体920円(税別)
[an error occurred while processing this directive]