ホーム > 電子書籍 > 日本ミステリー小説史

電子書籍

日本ミステリー小説史

日本ミステリー小説史

黒岩涙香から松本清張へ

堀啓子 著

江戸後期、大岡越前の裁判小説が人気だったように、日本人は元来、謎解きが大好きだった。だが、ポーの「モルグ街の殺人」にはじまるミステリーが受容され、国産の推理小説が定着するためには長い茨の道が必要だった。黒岩涙香による本邦初のミステリー、探偵小説でデビューした泉鏡花、『新青年』と横溝正史、社会派という新ジャンルを切り開いた松本清張や「日本のクリスティー」仁木悦子まで、オールスターで描く通史。

書誌データ

  • 配信開始日2016/9/9
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格本体750円(税別)
[an error occurred while processing this directive]