ホーム > 単行本 > 孤独のアンサンブル

単行本

孤独のアンサンブル

コロナ禍に「音楽の力」を信じる

村松秀 著

コロナ禍により、クラシックの演奏家たちは活動を制限された。演奏会はすべて中止、アンサンブルの練習もできない。自宅の防音室にこもる日々、彼らは音楽、職業、生活について何を考えたのか。本書はNHKプロデューサーのそんな思いから始まった2020年の半年間のドキュメントである。「孤独のアンサンブル」から「孤独のアンサンブル ~希望編」、そして「明日へのアンサンブル」へ。矢部達哉、石田泰尚、池田昭子、高橋敦らプレイヤー一人一人の思いとあの「音」が甦る。*「孤独のアンサンブル 三部作」ブルーレイディスク、キングレコードより同時発売

書誌データ

  • 初版刊行日2021/4/8
  • 判型四六判
  • ページ数336ページ
  • 定価2200円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005422-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部: