ホーム >  中公叢書  > 帝国日本と朝鮮野球

中公叢書

帝国日本と朝鮮野球

帝国日本と朝鮮野球

憧憬とナショナリズムの隘路

小野容照 著

日本人との試合でナショナリズムが高揚する中、当局は甲子園出場に道を開き、都市対抗野球で優勝を後押し、融和政策に活用。19世紀末から複雑な道程を歩んだ半世紀を2つの民族を通して描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2017/1/18
  • 判型四六判
  • ページ数352ページ
  • 定価本体1650円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-004936-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前・品切れ等や商品によっては指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 学芸編集部:
   
 文芸セクション:
   
 特別編集部:
   
 『西洋美術の歴史』の公式アカウント
   

総合ランキングベスト5