ホーム > 単行本 > パリの福澤諭吉

単行本

パリの福澤諭吉

謎の肖像写真をたずねて

山口昌子 著

「一万円札の顔」はパリで生まれた! 1862年、文久遣欧使節団の翻訳担当としてパリに渡った福澤諭吉は当時、27歳の若者。パリで撮影した肖像写真は、無名の下級武士だったにもかかわらず、フランスの人類学者デッカーから、「日本人の典型的なエリートの顔」と賞賛される。後年、「日本のヴォルテール」と称された、若き日の福澤諭吉は滞在中、パリを縦横に駆けめぐった。帰国後、『西洋事情』を執筆し、20万部を超える大ベストセラーとなる。 本書は福澤諭吉のパリでの行動をつぶさに追うとともに、福澤の肖像写真を撮影した謎の写真家・ポトーの足跡をたどる。

書誌データ

  • 初版刊行日2016/11/17
  • 判型四六判
  • ページ数320ページ
  • 定価本体1600円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-004916-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

単行本ニュース・トピックス

2019/07/25
『死にがいを求めて生きているの』刊行記念 朝井リョウさんサイン会(9月28日)のお知らせ
2019/06/17
澤田瞳子著『落花』が直木賞候補にノミネート
2019/04/26
三浦しをん著『愛なき世界』が日本植物学会賞の特別賞を受賞
2019/04/16
『風景論』著者、港千尋さんが2019年日本写真協会賞 学芸賞を受賞
2019/02/17
塩谷歩波著『銭湯図解』公式Websiteと、Twitterアカウント開設のお知らせ

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5