ホーム > 新書 > 貧困と地域

中公新書

貧困と地域

あいりん地区から見る高齢化と孤立死

白波瀬達也 著

「日雇労働者の町」と呼ばれ、高度経済成長期に頻発した暴動で注目を集めた大阪のあいりん地区(釜ヶ崎)。現在は高齢化が進むなか、「福祉の町」として知られる。劣悪な住環境、生活保護受給者の増加、社会的孤立の広がり、身寄りのない最期など、このエリアが直面している課題は、全国の地域社会にとっても他人事ではない。本書は、貧困の地域集中とその対策を追った著者による現代のコミュニティ論である。

書誌データ

  • 初版刊行日2017/2/20
  • 判型新書判
  • ページ数240ページ
  • 定価本体800円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102422-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・読売新聞(夕刊)2017年3月16日/著者インタビュー
・週刊エコノミスト2017年3月21日号
・週刊ポスト2017年3月24・31日号
・朝日新聞(朝刊)2017年3月19日
・夕刊フジ2017年3月2日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/03/21
白波瀬達也さん『貧困と地域』刊行記念トークイベントのお知らせ

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5