ホーム > 新書 > 毛沢東の対日戦犯裁判

中公新書

毛沢東の対日戦犯裁判

中国共産党の思惑と1526名の日本人

大澤武司 著

1950年代、満洲国や日中戦争などに関与した日本人1526名が、建国直後の中国で戦争犯罪人とされた。戦犯管理所では5年間に3段階の思想改造が行われた結果、裁判での死刑はなく、東京裁判やBC級戦犯裁判と比べ、極めて寛大な判決が下される。その背後には何があったのか。新たに公開された史料から、戦犯らの犯罪行為、思想改造、日本人への怨嗟が渦巻く中、毛沢東や周恩来ら指導者が抱いた思想と戦略を明らかにする。

書誌データ

  • 初版刊行日2016/11/17
  • 判型新書判
  • ページ数272ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102406-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・週刊仏教タイムス2017年5月18日号
・国際貿易2017年3月14日号/岡崎雄兒(前中京学院大学教授)
・朝日新聞(朝刊)2017年1月29日/保阪正康(評論家)
・読売新聞(朝刊)2017年1月29日/奈良岡聰智(政治史学者・京都大学教授)
・週刊エコノミスト2017年1月24日号/加藤徹(明治大学教授)
・日本経済新聞(朝刊)2016年12月18日
・夕刊フジ2016年12月13日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5