ホーム > 新書 > ぺリー来航

中公新書

ペリー来航

日本・琉球をゆるがした412日間

西川武臣 著

一八五三年五月、アメリカの東インド艦隊が那覇沖に、七月には浦賀沖に現れ、琉球王国と日本は開国と動乱の時代を迎える。「黒船」見物、琉球調査隊による発砲事件、乗組員の無断上陸、電信機実験など、そのとき多くの人びとが初めて西洋人と西洋文明に遭遇した。翌年の条約締結までの間、何が起こっていたのか。条約交渉過程を追いつつ、黒船絵巻や瓦版、日記などを博捜し、庶民が経験した事件としてのペリー来航を描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2016/6/22
  • 判型新書判
  • ページ数194ページ
  • 定価本体760円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102380-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本歴史2017年3月号
・千葉日報2016年11月1日/河野有理(首都大学東京教授)
・読売新聞(夕刊)2016年8月15日
・週刊エコノミスト2016年8月16日号/今谷明(帝京大学特任教授)
・朝日新聞(朝刊)2016年7月24日
・週刊ダイヤモンド2016年7月16日号/佐藤優(作家・元外務省主任分析官)



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2019/08/05
『老いと記憶』が啓文堂大賞(新書部門)を受賞
2019/06/18
中公新書『外国人が見た日本』(内田宗治著)が「旅の良書2019」に選出
2019/02/16
『リサイクルと世界経済』が第35回大平正芳記念賞特別賞を受賞
2019/02/13
『日本軍兵士――アジア・太平洋戦争の現実』が「新書大賞2019」を受賞
2019/02/04
『戦国日本と大航海時代』が第31回「和辻哲郎文化賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5