ホーム > 新書 > 日本史の森をゆく

中公新書

日本史の森をゆく

史料が語るとっておきの42話

東京大学史料編纂所 編

歴史は史料によって創られる。東京大学史料編纂所は、古代から明治維新期にいたるまでの膨大な史料を日本中から収集して研究する、国内最高峰の歴史研究機関だ。本書は、その史料編纂所に所属する「史料読みのプロ」四二名が、それぞれの専門分野から選りすぐりの逸話を集めて綴ったアンソロジーである。古代から幕末まで、歴史上の偉人も名もなき市井の人々も、悩みや喜びとともに生きたその姿が、ここによみがえる。

書誌データ

  • 初版刊行日2014/12/20
  • 判型新書判
  • ページ数256ページ
  • 定価本体800円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102299-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・アエラ2016年6月20日号
・週刊朝日2015年3月6日号/青木るえか
・朝日新聞(朝刊)2015年2月8日
・週刊東洋経済2015年1月24日号
・読売新聞(朝刊)2015年1月11日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2018/11/01
『倭の五王』が2018年度古代歴史文化賞優秀作品賞を受賞
2018/10/10
『日本軍兵士―アジア・太平洋の現実』が2018年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2018/06/15
『兼好法師』が第3回「西脇順三郎学術賞」を受賞
2018/06/08
『プロテスタンティズム』が第19回「読売・吉野作造賞」を受賞
2018/03/13
『人口減少時代の土地問題』が第8回「不動産協会賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5