注目記事

役者として演出家として、
いま、新しい世界へ
坂東玉三郎

当代一の女形として観る者を魅了し続ける一方、ジャンルの垣根を越え、さまざまな演出を手がける坂東玉三郎さん。太鼓芸能集団・鼓童と出合い、17年が経つ。鼓童の拠点である新潟県・佐渡にたびたび滞在し、ともに稽古を重ねてきた。今年のツアーでは、演出のみならず、自身も舞台に立つ

戸惑う人を
方向づけるのが演出

 鼓童と出合ったのは2000年です。最初は共演をとのお話でしたが、鼓童をよく知ってからと思いまして、まずは演出をさせてくださいとお話ししました。声をかけていただいてすぐ、佐渡島にある拠点「鼓童村」を訪れました。
 自分が演出をお引き受けする際には、よくお稽古をしていて、公演に向けて十分に準備ができることが第一条件でした。その点、鼓童の場合は、一つのところでみんなで生活をしながら、ずっとお稽古をしていたのです。佐渡で自然に囲まれているのも、豊かですばらしかった。そこからご縁が始まって、1週間単位で年に何度か行くようになり、一番長いときはのべにして年に2ヵ月くらい佐渡の鼓童村で過ごしました。

(『婦人公論』2017年3月28日号より一部抜粋)

掲載号

婦人公論 2017年3月28日号(3月14日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 伊達公子

2017年3月28日号(3月14日発売)

私の暮らしを
守る介護

話題の「腸活」で
万病を防ぐ

170328太田光代 介護との付き合い方
170328坂東玉三郎 新しい世界へ
170328松生恒夫 間違いだらけの腸習慣
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ