書籍情報

書籍詳細

南海蒼空戦記2

C★NOVELS

南海蒼空戦記2
ルソン攻囲戦

横山信義 著

米軍の奇襲により開戦した日米両国。日本軍は逆境の中、ドイツの技術を結集させた戦闘機を用いてフィリピンの補給線寸断作戦に勝負を賭ける!

カバー:高荷義之
刊行日:2015/2/25
新書判/256ページ/定価:本体900円(税別)
ISBN978-4-12-501331-2 C0293


なんかいそうくうせんき2
るそんこういせん


立ち読みしてみる
この作品の冒頭20ページを無料でご覧いただけます。
オンライン立ち読みシステム!


コメント

 田中芳樹さんの架空歴史ロマン「アルスラーン戦記」に、
「作戦というものは、最も弱い兵士を基準にして立てなければなりません」
 という台詞があります。
 第二次大戦ものの架空戦記を書いている身としては、
「戦時中の軍で、それが最もよくできていたのが米軍だったんだよなあ」
 と思いました。
 B17、B29のような重爆撃機はその典型で、迎撃する側からは恐ろしく撃墜し難
い機体でしたが、現場の搭乗員にとっては、自分たちの命を委ねるに足る、頼もしい機
体だったことでしょう。
 日本やドイツにとっては、本土を焼け野原にした憎い敵ですが、最前線で身体を張っ
ている兵士たちにとっては、
「経験の浅い若年兵でも、生還確率が高い機体」
 という、ありがたい存在だったのだと思います。

〔横山信義/2015年2月〕

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター