ホーム > 文庫 > 夜の終焉(下)

中公文庫

夜の終焉(下)

夜の終焉(下)

堂場瞬一 著

父が殺人を犯し、検事になることを諦めた川上譲は、東京で弁護士として仕事に邁進していた。そこに舞いこむ故郷・汐灘からの依頼は、死刑を望む殺人犯の弁護だった。

書誌データ

  • 初版刊行日2012/7/25
  • 判型文庫判
  • ページ数392ページ
  • 定価本体667円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-205663-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   

中公文庫

2017/11/17
木村衣有子さん×牧野伊三夫さんトークイベント「くう、のむ、よむ」のお知らせ

中公文庫ランキングベスト5

総合ランキングベスト5