ホーム >  中公クラシックス  > 勝鬘経義疏 維摩経義疏(抄)

中公クラシックス

勝鬘経義疏 維摩経義疏(抄)

勝鬘経義疏 維摩経義疏(抄)

聖徳太子 著 中村元/早島鏡正 訳 田村晃祐 解説

漢字、漢文、儒教と並んで古代の東アジアに共通した文明媒体・仏教。聖徳太子は仏教立国を目指し文明化への道を選択する。太子の理想の根幹にあったものは何か。思想と行蔵を探る。

書誌データ

  • 初版刊行日2007/3/10
  • 判型新書判
  • ページ数466ページ
  • 定価本体1750円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-160095-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前・品切れ等や商品によっては指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 学芸編集部:
   
 文芸セクション:
   
 特別編集部:
   
 『西洋美術の歴史』の公式アカウント
   

総合ランキングベスト5