ホーム > 単行本 > グループサウンズ文化論

単行本

グループサウンズ文化論

なぜビートルズになれなかったのか

稲増龍夫 著

1960年代後半のグループサウンズブームから50年。その歴史的意義を問う。岸部一徳・宇崎竜童・近田春夫・すぎやまこういち・コシノジュンコ・亀渕昭信・湯川れい子・堀威夫・四方田犬彦・佐藤良明・亀和田武・きたやまおさむ・宮沢章夫・小西康陽の各氏との対談収録。

書誌データ

  • 初版刊行日2017/12/7
  • 判型四六判
  • ページ数224ページ
  • 定価本体1600円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005032-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

単行本ニュース・トピックス

2018/10/02
『雪の階』が第31回「柴田錬三郎賞」を受賞
2017/03/07
『近代皇族妃のファッション』お詫びと訂正
2016/04/01
幸田真音さん「大暴落 ガラ」YOL(ヨミウリ・オンライン)で好評連載中!
2015/12/18
『あの家に暮らす四人の女』(三浦しをん 著)が第32回織田作之助賞を受賞

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5