ホーム > 単行本 > アイデアは敵の中にある

単行本

アイデアは敵の中にある

「結果」を出す人は、どんなコミュニケーションを心がけているのか

根津孝太 著

相手と自分の間にそびえる「デフォルトの壁」を突き崩し、想定以上の「結果」を出す方法とは。気鋭のプロダクト・デザイナーが、コミュニケーションの考え方と秘訣を熱く伝授する。

書誌データ

  • 初版刊行日2016/10/20
  • 判型四六判
  • ページ数216ページ
  • 定価本体1400円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-004898-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

著者の特設サイト

 ★本書には著者の特設サイト「C.C.コータくんの部屋」があります。
 http://www.znug.com/c-c-kota-kun.html
 本書のメイキング鼎談が連載されていますので、ぜひご覧下さい。



推薦のことば

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
田宮俊作さん(株式会社タミヤ 代表取締役会長)
タミヤの会社見学会で偶然お会いしたのが、根津さんだったのは、全くの幸運でし た。
段々と形が崩れていくミニ四駆のボディーデザインに実車のような空力的な要 素を取り入れたかったからです。
以来根津さんの車は、この小さなモータースポーツ界でも好評です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
山井太さん(株式会社スノーピーク 代表取締役社長)
最も敵のいないデザイナー、根津さんの本のタイトルが意外。でも読んでみて腑に落 ちた。
人間愛に満ちたコミュニケーションの達人は、やっぱり自分と違う考えこそクリエイ ティブに味方にしてしまうのだ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
林要さん(GROOVE X 株式会社 CEO)
製造工程をも見通してスケッチを始めるグローバル級の工業デザイナーは、日本には 少ない。
どんな人とのコミュニケーションをも諦めず続けた事で、その類まれなる能力を身に つけるに至ったクリエーターが、人々の思い込みを壊し、誰もが持つ「苦いパウ ダー」を喜びに変える事で、不可能を可能にしていく軌跡がこの一冊に詰まっていま す。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
安藤美冬さん(株式会社スプリー代表)
敵の中にある反対意見や批判から、宝物(新しいアイデア)を発見するためには?

負のエネルギーを正のエネルギーに変換する根津式コミュニケーション術は、まるで 合気道。

気持ちよく投げ飛ばされたい。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
宇野常寛さん(評論家 /「PLANETS」編集長)
イメージを具体化して〈かたち〉に落とし込むこと。この点においてものづくりとマ ネジメントはとても似ている......!
そう、これはプロダクトデザイナーだからこそ書けたチーム編成術なのだ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


単行本ニュース・トピックス

2016/04/01
幸田真音さん「大暴落 ガラ」YOL(ヨミウリ・オンライン)で好評連載中!
2015/12/18
『あの家に暮らす四人の女』(三浦しをん 著)が第32回織田作之助賞を受賞

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5