ホーム > 新書 > 剣と清貧のヨーロッパ

中公新書

剣と清貧のヨーロッパ

中世の騎士修道会と托鉢修道会

佐藤彰一 著

俗世間を離れ、自らの心の内を見つめる修道院。だが12世紀、突如その伝統から大きく離れた修道会が生まれた。騎士修道会と托鉢修道会である。かたや十字軍となって聖地エルサレムやイベリア半島、北方で異教徒と戦い、かたや聖フランチェスコらが都市のただ中で民衆の信仰のあり方をラディカルに変革した。これら〝鬼子〟ともいうべき修道会の由来と変遷を、各修道会の戒律や所領経営などにも注目しながら通観する。

書誌データ

  • 初版刊行日2017/12/21
  • 判型新書判
  • ページ数298ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102467-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・史学雑誌2019年2月号/大貫俊夫
・佐賀新聞2018年9月9日ほか/河野有理(首都大学東京教授)
・週刊文春2018年7月5日号/鹿島茂(フランス文学者・明治大学教授)



関連書籍

web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2019/06/18
中公新書『外国人が見た日本』(内田宗治著)が「旅の良書2019」に選出
2019/02/16
『リサイクルと世界経済』が第35回大平正芳記念賞特別賞を受賞
2019/02/13
『日本軍兵士――アジア・太平洋戦争の現実』が「新書大賞2019」を受賞
2019/02/04
『戦国日本と大航海時代』が第31回「和辻哲郎文化賞」を受賞
2018/11/01
『倭の五王』が2018年度古代歴史文化賞優秀作品賞を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5