ホーム > 新書 > 鉄道会社の経営

中公新書

鉄道会社の経営

ローカル線からエキナカまで

佐藤信之 著

通勤通学に欠かせない大都市の路線、飛行機と熾烈な競争を繰り広げる新幹線、風光明媚なローカル線……。日本の鉄道はバラエティに富んでいるが、それらの経営はいったいどのようにして成り立っているのだろうか。観光に活路を見出す地方私鉄、エキナカで増収を図るJRなど、身近にありながら知ることの少ない鉄道会社の経営について、歴史と現状を解説。さらに今後の鉄道を、誰が、どうやって維持していくかを提言する。

書誌データ

  • 初版刊行日2013/12/20
  • 判型新書判
  • ページ数320ページ
  • 定価本体940円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102245-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

朝日新聞(朝刊)2014年2月23日
日刊工業新聞2014年2月3日
日本経済新聞(朝刊)2014年2月2日
週刊東洋経済2014年1月25日号


関連書籍

web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5