ホーム > 新書 > エジプト革命

中公新書

エジプト革命

軍とムスリム同胞団、そして若者たち

鈴木恵美 著

ムバーラクの三〇年にわたる独裁は、二〇一一年、民衆による「一月二五日革命」で幕を閉じた。しかし、その後の民主化プロセスの中で、軍とムスリム同胞団が熾烈な権力闘争を展開し、革命の立役者である若者たちは疎外されていく――。エジプトの民主主義は、どこで道を誤ったのか。アラブの盟主エジプトが迷走した、二年半におよぶ歴史上の劃期を、軍・宗教勢力・革命を起こした青年たちの三者の視点から追う。

書誌データ

  • 初版刊行日2013/10/25
  • 判型新書判
  • ページ数288ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102236-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

東京新聞(朝刊)2014年1月12日
しんぶん赤旗2014年1月12日


web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/06/29
『入門 公共政策学』お詫びと訂正

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5