ホーム > 新書 > 今夜もひとり居酒屋

中公新書

今夜もひとり居酒屋

池内紀 著

居酒屋に人一倍したしむようになったのは、「二合半のおじさん」のせいである。三十代初めに出くわして三十年ちかくつき合った。そしていろんなことをおそわった――へんくつだが、心をひらいた者にはこよなくやさしい。そんな居酒屋が、方々の町の片隅で慎ましやかに提灯を掲げている。よく知る店もよし、見知らぬ町の見知らぬ店もよし。ふらりと入れば、酒に食べ物、店主と客が織りなす独特の時間がそこにある。

書誌データ

  • 初版刊行日2011/6/25
  • 判型新書判
  • ページ数224ページ
  • 定価本体740円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102118-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書