ホーム > ラクレ > 駅名学入門

中公新書ラクレ

駅名学入門

今尾恵介 著

2020年3月開業の「高輪ゲートウェイ」で一躍注目を集めた駅名。日本の駅名とは、そもそもどういうものか。その歴史的変遷から浮かび上がってくる、思想、そして社会的・政治的・文化的背景とは。さらに、「高輪ゲートウェイ」のようなキラキラ駅名はいかなる文脈から発想されるのか。駅名の命名メカニズムを通して、多くの発見が得られる、知的刺激に満ちた本。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/3/9
  • 判型新書判
  • ページ数296ページ
  • 定価本体920円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150682-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5