ホーム > ラクレ > ほとけごはん

中公新書ラクレ

料理僧が教える

ほとけごはん

食べる「法話」十二ヵ月

青江覚峰 著

法話と料理で十二ヵ月をたどり、「食」を考える仏教×料理エッセイ。著者はアメリカでMBA取得後にお寺を継いだ、異色の料理僧。住職の傍ら、若手僧侶によるサイト「彼岸寺」創設や、イベント「暗闇ごはん」を主催し、仏教に新風を取り込んでいます。精進料理に近い「ほとけごはん」を「主義やカテゴリでなく、生き方として食と向き合う実践の場」だと語る著者。「命」は有り難く、そしておいしく、いただきましょう。

書誌データ

  • 初版刊行日2014/1/10
  • 判型新書判
  • ページ数208ページ
  • 定価本体840円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150483-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5