ホーム > ラクレ > PTA再活用論

中公新書ラクレ

PTA再活用論

悩ましき現実を超えて

川端裕人 著

『婦人公論』で07年4月22日号~08年4月7日号にかけて連載(計23回)された「みんなのPTAを探して」の書籍化。もはや機能を失ったかに思えるPTAだが、父母と学校をむすぶただ一つの公的な機関として、いまなお存在しつづけているという事実は変わらない。それはどういう現状なのか、どう変わってゆかなければならないのか。大変化期を迎えた公教育の一断面を示し、ラクレ教育書の流れの一つに位置づけるノンフクション。

書誌データ

  • 初版刊行日2008/10/10
  • 判型新書判
  • ページ数240ページ
  • 定価本体780円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150294-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5