注目記事

「五星三心占い」で、 この先の 上昇気流を掴もう

21年以上さまざまな人を占い続けてきたゲッターズ飯田さん。独自に編み出した「五星三心占い」が注目されています。人には5つの欲と3つの性格があり、これらの組み合わせで運の流れを占うものです。元号が変わるこの先を、どう過ごしていけばいいかを聞きました

年度初めの4月には、生活のあらゆる場面で新しいことが始まります。でも、この占いの節目は節分ですので、4月は2019年の運気に本格的に突入する時期に当たります。
今年は十二支最後の亥年で、あらゆるものの区切りの年。このタイミングで元号が変わるのは自然な流れですし、新たな技術や産業の台頭や、世代交代が起こるでしょう。これらは、暮らしをより便利に、豊かにしてくれるという一面があります。時代が変わるわけですから、新しいものを拒むのではなく、むしろ積極的に新たな波に乗っていきましょう。
一方で、歴史や伝統を重んじるという流れもあります。芸術や文化、古いものにも注目が集まるため、それらを学んだり、歴史的な場所を訪れたりするとプラスに。以前から伝統的なものに関心があった人には追い風が吹きます。今まで関心がなかった人がこれから始めても遅くはないので、これを機に、伝統的なものに目を向け、勉強や習い事を始めてはいかがでしょうか。

(『婦人公論』2019年4月9日号より一部抜粋)
※ 同号は、書店店頭にて4月8日まで販売中

婦人公論センパイ特設ページへ
最新号目次

メルマガ配信(無料)

婦人公論メールマガジンのご案内
メルマガ登録
ページの先頭へ