ホーム > 新書 > 東アジアの論理

中公新書

東アジアの論理

日中韓の歴史から読み解く

岡本隆司 著

強権的な姿勢を強める習近平政権、慰安婦問題や徴用工判決で悪化する日韓関係......。中国や韓国は同じ「漢字・儒教文化圏」に属すと言われるが、日本人にはわからないことだらけだ。日本には日本の立場がある一方、両国にもそれぞれ固有の思考・論法があり、それを理解するには歴史をひもとくのが最善である。本書は、近年の時事的な話題を切り口に、歴史的アプローチから日本・中国・韓国の違いを知るためのヒントを示す。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/3/18
  • 判型新書判
  • ページ数256ページ
  • 定価本体820円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102586-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・京都新聞2020年5月24日/内田孝(京都新聞総合研究所所長)
・公明新聞2020年5月18日
・日本経済新聞(夕刊)2020年5月14日/中沢孝夫(経営学者)
・週刊エコノミスト2020年4月21日号/加藤徹(明治大学教授)



関連書籍

web中公新書