ホーム >  中公叢書  > 勿体なや祖師は紙衣の九十年

中公叢書

勿体なや祖師は紙衣の九十年

勿体なや祖師は紙衣の九十年

大谷句仏

山折哲雄 著

東本願寺第二十三世法主、大谷光演は「句仏」の俳号をもつ俳人でもあった。僧衣に身を包む句仏は、なぜ俳諧の道を歩むことになったのか。虚子、碧梧桐らとの交流を中心に、その歩みをたどり、祖師・親鸞から芭蕉へ、そして句仏へといたる日本精神史の新たな水脈をさぐる。

書誌データ

  • 初版刊行日2017/9/21
  • 判型四六判
  • ページ数224ページ
  • 定価本体1600円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-004998-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前・品切れ等や商品によっては指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 学芸編集部:
   
 文芸セクション:
   
 特別編集部:
   
 『西洋美術の歴史』の公式アカウント
   

関連書籍

総合ランキングベスト5