ホーム > 単行本 > 綴る女

単行本

綴る女

評伝・宮尾登美子

林真理子 著

「陽暉楼」など原作映画・ドラマが次々ヒットし、直木賞、紫綬褒章などを受けた――昭和と平成を代表する国民的作家・宮尾登美子の波乱の生涯を追った「婦人公論」好評連載、待望の書籍化。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/2/19
  • 判型四六判
  • ページ数240ページ
  • 定価本体1500円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005269-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部: