ホーム > 単行本 > 三大病死亡 衝撃の地域格差

単行本

がん、脳卒中、心臓病

三大病死亡 衝撃の地域格差

日本初! 全国2次医療圏別 全リスト

埴岡健一/福島安紀 著

「がん」なら東京下町、大阪市など。「脳卒中」なら西多摩、茨城、栃木など。「心臓病」なら茨城、埼玉、神奈川などが危ない! 初めて「2次医療圏」別に日本全国の三大病の死亡率を比べてみたところ、地域による衝撃の死亡格差が明らかになった。なぜ死亡率が高い地域と低い地域が存在するのか。原因を追究し、解決策を提案する。あなたの地域は大丈夫か。

書誌データ

  • 初版刊行日2018/11/20
  • 判型A5判
  • ページ数152ページ
  • 定価本体1200円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005130-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

単行本ニュース・トピックス

2018/12/05
『雪の階』が柴田錬三郎賞、毎日出版文化賞W受賞
2017/03/07
『近代皇族妃のファッション』お詫びと訂正
2015/12/18
『あの家に暮らす四人の女』(三浦しをん 著)が第32回織田作之助賞を受賞

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5