ホーム > 新書 > 職場のハラスメント

中公新書

職場のハラスメント

なぜ起こり、どう対処すべきか

大和田敢太 著

職場にはパワハラ、モラハラ、セクハラなど数々の嫌がらせ行為があり、多くの被害者を生み続けている。しかし日本では、社会的なルール不足により被害者の救済もままならず、基本的な統計も整っていないため実態把握すら難しい。ハラスメント規制の先進地域であるEU諸国の法整備に通じ、民間団体で相談活動に関わる著者が、日本での概況を解説。参考となる判例や法律の根拠、海外での事例などを紹介し、対策を提言する。

書誌データ

  • 初版刊行日2018/2/22
  • 判型新書判
  • ページ数264ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102475-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本経済新聞(朝刊)2018年4月21日
・読売新聞(朝刊)2018年4月15日/宮部みゆき(作家)
・週刊現代2018年4月14日号/武田砂鉄(フリーライター)
・東京新聞(朝刊)2018年4月1日
・週刊エコノミスト2018年3月20日号/森岡孝二(関西大学名誉教授)



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2018/04/02
五十嵐泰正×小松理虔×武田徹「7年後のいまをどう伝えるか ――『原発事故と「食」』刊行記念」@ゲンロンカフェのお知らせ
2018/03/13
『人口減少時代の土地問題』が第8回「不動産協会賞」を受賞
2017/12/19
『応仁の乱』が第52回「書店新風賞」の特別賞を受賞
2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5