ホーム > 新書 > 入門 国境学

中公新書

入門 国境学

領土、主権、イデオロギー

岩下明裕 著

北方領土、尖閣諸島、竹島という日本が抱える三つの「領土問題」。その解決のヒントになるのが国境学・境界研究(ボーダースタディーズ)である。欧州を揺るがす移民問題、国境防衛にとどまらないサイバー時代の安全保障、境界地域の経済振興など、国境学の応用範囲は幅広い。四千キロに及ぶ中露国境の踏破、北方領土問題への提言など最前線で活動してきた著者が、欧米の動向や自身の実践を踏まえて解説する入門書。

書誌データ

  • 初版刊行日2016/3/25
  • 判型新書判
  • ページ数264ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102366-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・季刊しま2016年9月号/小池康仁(与那国フォーラム理事)
・信濃毎日新聞2016年7月10日/山本圭(岡山大学大学院専任講師)
・毎日新聞(朝刊)2016年7月3日
・新潟日報2016年5月29日/中川一好(新潟日報論説編集委員)
・公明新聞2016年5月16日/樋口直人(徳島大学准教授)
・日本経済新聞(朝刊)2016年5月8日/宮城大蔵(上智大学教授)
・国際貿易2016年5月3日号
・北海道新聞2016年4月17日・西日本新聞5月1日/黒岩幸子(岩手県立大学教授)
・夕刊フジ2016年4月14日



関連書籍

web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/06/29
『入門 公共政策学』お詫びと訂正

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5