ホーム > 新書 > 天下統一

中公新書

天下統一

信長と秀吉が成し遂げた「革命」

藤田達生 著

織田信長の上洛から二〇年、豊臣秀吉により天下は統一された。集権化や実力主義を推進した信長と秀吉の政策はまさに「革命」であり、他の戦国武将と一線を画していたのである。本書はさらに、足利と織田、そして織田と豊臣の各政権が併存したことを指摘しつつ、軍事革命にともなうスペイン・ポルトガルの東アジア進出といった世界史的視野からも戦国日本を捉え直す。旧来のイメージを大胆に覆し、「革命」の本質に迫る。

書誌データ

  • 初版刊行日2014/4/25
  • 判型新書判
  • ページ数304ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102265-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

文藝春秋2014年7月号
日本経済新聞(朝刊)2014年6月1日
週刊東洋経済2014年5月31日号



関連書籍

web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5