ホーム > 新書 > 正倉院文書の世界

中公新書

正倉院文書の世界

よみがえる天平の時代

丸山裕美子 著

日本史の研究では、平安時代より奈良時代のほうがよくわかると言う。正倉院文書があるからである。美しく飾られた天皇や皇后の肉筆、戸籍などの公文書もあれば、下級役人の昇進嘆願書や盗まれた物を捜すための休暇願、待遇改善を訴えるメモも残されている。華やかな東大寺大仏開眼の模様、クーデターの内実、さらには庶民の衣食住まで、バラエティ豊かな文書から天平の息吹きを感じてみよう。あわせて流出した文書の謎も解明。

書誌データ

  • 初版刊行日2010/4/25
  • 判型新書判
  • ページ数320ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102054-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書