ホーム > 新書 > 日本哲学小史

中公新書

日本哲学小史

近代100年の20篇

熊野純彦 編著

明治初年にフィロソフィーという考え方が移入されて以降、日本哲学にはいくつものドラマが生まれた。例えば漱石や鴎外のように、文学と混淆していた黎明期、西田幾多郎が『善の研究』で日本中の青年を魅了し、田邊元や和辻哲郎が西洋の哲学者と切り結びつつ独自に思想を花ひらかせた頃、西田とはまったく異なる文体で大森荘蔵や廣松渉が哲学を語り始めた戦後……。本書によってはじめて、近代日本哲学の沃野が一望される。

書誌データ

  • 初版刊行日2009/12/20
  • 判型新書判
  • ページ数256ページ
  • 定価本体900円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102036-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2018/06/15
『兼好法師』が第3回「西脇順三郎学術賞」を受賞
2018/06/08
『プロテスタンティズム』が第19回「読売・吉野作造賞」を受賞
2018/04/02
五十嵐泰正×小松理虔×武田徹「7年後のいまをどう伝えるか ――『原発事故と「食」』刊行記念」@ゲンロンカフェのお知らせ
2018/03/13
『人口減少時代の土地問題』が第8回「不動産協会賞」を受賞
2017/12/19
『応仁の乱』が第52回「書店新風賞」の特別賞を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5