中公クラシックスオーディオ講義集 今道友信 古典講義集 今道友信東京大学名誉教授による人気の古典教養講義シリーズがダウンロードで聴けるようになりました。
What's NEW
[an error occurred while processing this directive]
講義の内容
中公クラシックス・オーディオ講座

ベルクソン

『哲学的直観ほか』を読む

講師
今道友信
時間
約4時間(全3回講義を収録)
価格
2,931円(税込)
本のご購入 お近くの書店または
オーディオ講義の購入
ブックサービスで買う
オーディオ講義の購入

前世紀20世紀で最もひろく読まれた哲学者をあげよと言われたら、ベルクソンとニーチェだという答えが多い。ニーチェは19世紀最後の年に死んでいるから、20世紀を生きて最も人気の高かった哲学者はベルクソンということになろう。一般に生の哲学者と言われるが、彼には直観の哲学者とか創造の哲人、または時間の守護者、真の形而上学者などいろいろの呼称がある。それだけ多面的であり、かつ新鮮な印象があった。そのいわれを説明するところからはじめて、彼の著書に学ぶことにしよう。教科書として中公クラシックス ベルクソン『哲学的直観ほか』を用い、特に「形而上学入門」「哲学的直観」「心と身体」の三論文に力点をおく。

特典

オーディオ講義を購入された方は、今道友信教授が作成したレジュメ(PDF形式)を音声ファイルとともにダウンロードできます。

第1回講義の内容

I.「形而上学入門」を中心に
a)ベルクソンの特色と影響―19世紀のアンティテーゼと21世紀の予兆
b)対象認識の二つの方法
c)時間と人格
d)持続と精神
e)補完的経験の達成としての形而上学
f)主著『創造的進化』との関わり

第2回講義の内容

II.「哲学的直観」を中心に
g)哲学の学会、国際会議について
h)影、イマージュ、否定―
i)哲学の定義
j)非物質性としての意識の深化
k)sub specie durationis
l)哲学と生活
m)主著『道徳と宗教の二つの源泉』との関わり

第3回講義の内容

III.「心と身体」を中心に
n)「意識と生命」から三つのことを学ぶ
o)意識―われとは何か
p)唯物論の本質的理解
q)意味としての方向―sens
r)記憶
s)ベルクソンの哲学と21世紀

  • 講義集一覧
  • 今道友信
  • 中公クラシックス
  • 初めてご利用のお客様へ
[an error occurred while processing this directive]