中公クラシックスオーディオ講義集 今道友信 古典講義集 今道友信東京大学名誉教授による人気の古典教養講義シリーズがダウンロードで聴けるようになりました。
What's NEW
[an error occurred while processing this directive]
講義の内容
中公クラシックス・オーディオ講座

レヴィ=ストロース

『悲しき熱帯 Ⅰ・Ⅱ』を読む

講師
今道友信
時間
約4時間(全3回講義を収録)
価格
2,931円(税込)
※第3回講義の冒頭部分に音声の乱れる箇所がございます。ご了承ください。
本のご購入 お近くの書店または
オーディオ講義の購入
ブックサービスで買う
オーディオ講義の購入

今道友信東京大学名誉教授とともに、レヴィ=ストロースの古典的名著『悲しき熱帯』を読む。
テキスト:レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』(中公クラシックス)

「クロード・レヴィ=ストロースは民族学、文化人類学、神話学、宗教学、構造人類学、社会学、エコロジー、社会人類学等々のひろい分野で大きな業績を果たし、現在の問題にも率直な発言を続けた碩学として日本でもよく知られている。私の編集したフランスの雑誌にも稿を寄せてくれた。その代表作のひとつ『悲しき熱帯』を中公クラシックスの新訳でともに読み、あまり試みられていない哲学的形而上学的解釈を展開する。それはひとつの哲学的人間学としてどのような意味を持つであろうか。」(今道友信)

特典

オーディオ講義を購入された方は、今道友信教授が作成したレジュメ(PDF形式)を音声ファイルとともにダウンロードできます。

第1回講義の内容

I 集団の自己欺瞞
1 レヴィ=ストロースと現代哲学
2 デュルケーム、マリノフスキーとの差異
3 『悲しき熱帯』の全体構造と定立された問題群
4 著作に貫かれている方法

第2回講義の内容

II 土地と人間 ―「新しい」とは何か
5 雪のような幸運をもつ国
6 引き裂かれた神秘 ―野蛮人の神ではなくて―
7 原住民の類例 ―フィールドワークの明暗―
8 文化とは何か

第3回講義の内容

III 人類の運命
9 失われゆくものの価値
10 森林と大河 ―シャトー・ブリアンの遠い声とレヴィ=ストロース
11 人間の意味 ―ニーチェ、ベルクソン、テイヤール・ド・シャルダンとレヴィ=ストロース―
12 結び

  • 講義集一覧
  • 今道友信
  • 中公クラシックス
  • 初めてご利用のお客様へ
[an error occurred while processing this directive]