2015年1月15日号別冊(2014年12月5日発売発売)
定価850円(本体価格787円)
瀬戸内寂聴


あなたの人生を照らす 瀬戸内寂聴 希望のことば77

いつも心に置いておきたい
一冊まるごと金言BOOK

最新インタビュー

死とは「無」なのかもしれません。
ならばもう、怖くない

第一話[悩みの正体]

悩み、迷うことこそが、
生きている証なのです

 ・苦しみを経験すると、想像力が育つ
 ・泣きたいときは、辛抱しない
 ・教育とは、人は自分とは違うと覚えさせること
 ・悩みを言葉にすれば、心に風穴があく ・・・・・・・・・ほか

第二話[怒りとのつき合いかた]

幸せは笑顔に集まるもの

 ・七転八倒しても相手を許す。するとうんと楽になる
 ・紫式部ですら清少納言に嫉妬した。それが女です
 ・悪口は人に聞いてもらう。ただし、相手を選ぶこと・・・・・・・・・ほか

第三話[人生後半の生きかた]

自分を変えるのは、ひとつの革命です

 ・心がすっきりしていれば、病気は寄ってこない
 ・愚痴をこぼすと幸せも健康も遠のいていく
 ・更年期には、1の不安を7にも8にも感じる
 ・自分を変えるという革命は、何歳でも起こせる ・・・・・・ほか

第四話[からだ]

離婚、恋愛、セックス
したいことは何歳でもおやりなさい
対談・伊藤比呂美×瀬戸内寂聴

・私たちの時代は不倫だなんて・・・・・・まあ、私はしましたけど
・性欲はあります。死ぬまで、とはこういうこと
・恋は快楽だけでなく、その悲しみや苦しみが女を美しくする
・離婚なんて、何度してもいい        ・・・・・・・・・ほか

第五話[家族]

褒め言葉を浴びると、
夫も子どもも輝きはじめる
 ・親から生き方を押しつけられる子どもはいい迷惑
 ・「できなくてもいい」で子どもは自信喪失から救われる
 ・相手の好みに合わせてばかりいると、心がやせ細る
 ・愛されようとするより、自分から愛するほうが楽・・・・・・・・・ほか

第六話[プラス思考]

自分の機嫌を取る方法を知っていますか
 ・私は「今」しか考えません
 ・新しいことに挑戦する時は、自分にプラス暗示をかける
 ・自分の気持ちが満たされて初めて、相手に優しくできる・・・・・・・・・ほか

第七話[男と女・夫婦]

女を輝かせる男とは
対談・梅原猛×瀬戸内寂聴 
 
 ・みんな甘えています。人間はそもそも孤独なもの
 ・核家族の終着地、孤独に耐える力をつけよう
 ・男が女の役に立つのは、話を聞いてくれるときだけ・・・・・・・・・ほか

第八話[切に生きる]

幸せになるための努力を惜しみなく

 ・他人のためが自分のためになる「忘己利他」の教え
 ・あなたは、誰かを幸せにするために生まれてきた
 ・大きな目で考えれば、自分だけが幸せでもしょうがない・・・・・・・・・ほか

悩めるあなたに勇気と希望を

いつも心に置いておきたい
寂聴名語録

[京都のとっておき、ご紹介します]

寂聴さん、ゆかりの味
天ぷら 松 
大市 
松屋籐兵衛

[逸品を全国からお取り寄せ]

大好きな あの味
味付け海苔「卓上」(大野海苔)
かぶせ茶「寂」(中村籐吉本店)
純米吟醸酒「朱泉本仕込」(賀茂泉酒造)

[婦人公論アーカイブ?対談の達人・寂聴さん]

ホンネだらけの人生問答 

[対談1]阿川佐和子さん
「女は、50歳からがおもしろい」
[対談2]岡本太郎さん 
「型やぶり愛情論」
[対談3]向井万起男さん
「飛んでる女房を愛し抜く」
[対談4]柳 美里さん
「私は成すべきことをした」

[婦人公論アーカイブ?]

心を揺さぶる愛と決意の手記 特別掲載
岐路に立ったとき、私は
「妻の座なき妻」との訣別
 (婦人公論 1962年3月号より)
「佛の花嫁」になった私の真意
 (婦人公論 1974年1月号より)

特別付録

なぞり書き
「般若心経」
はじめて練習帳  


えんぴつで全文練習& 
瀬戸内寂聴さんの現代語訳で
「般若心経」を味わう

ページの先頭へ