注目記事

人生最良の「かかりつけ歯科医」と 出会うための7大条件とは 岡田弥生

厚生労働省の調査によると、2018年現在、日本全国にある歯科医院は6万8000院以上。その数はコンビニエンスストアより多いといわれています。膨大な数のなかから、どうやってかかりつけ医を選べばよいのか。見極め方のポイントを現役の歯科医師が教えます

理想の歯科医探しは“婚活”と同じです

私は訪問歯科医として高齢者の方が暮らす自宅や介護施設を訪れ、歯の治療や口腔ケアを行っています。そこでお会いする患者さんの多くが、「40~50代のうちに歯の治療をしっかりやっておけばよかった」「10年前にいい歯医者さんに巡り合えていたら、この歯を失うことがなかったのに」「自分の歯で嚙めないと食事がまずい」という反省や後悔を口にされます。女性の場合、子育て中は毎日忙しくてゆっくり歯磨きができない、通院のための時間が取れなくて多少の痛みはガマンしてしまう……など、歯のケアがおろそかになりがち。だからこそ、子育てが一段落する40代後半~50代になったら、自分の歯や歯ぐきの状態を知り、この先もできるだけ長くおつきあいできるいい歯医者さんを見つけて、歯の健康をしっかり守ってほしいと思います。

(『婦人公論』2018年11月13日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!

掲載号

婦人公論 2018年11月13日号(10月23日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 本田真凜

2018年11月13日号(10月23日発売)

子どもの世話には
なりたくない

いい歯医者の見分け方、
教えます

岡田弥生「かかりつけ歯科医」と出会うコツ
藤田紀子「今こそ、あの子に 会いたい」
安藤和津×安藤桃子 対談
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ