注目記事

野球一筋の父から、 メイク男子が育った理由 桑田真澄×Matt

著名人の親と同じ職業を選ぶ「二世」が少なくない昨今、この親子は違います。父は一時代を築いた球界を代表する名選手。一方、息子はフルメイクで見た目を気遣うブライダルモデル。いったいどんな家庭で、どんな親子関係なのか。初対談で明かしてもらいました

笑顔と声は
そっくりです

マット 今年に入って「桑田真澄の次男」としてメディアで取り上げてもらう機会が増えたけど、必ず「お父さんと似てないですね」って言われる(笑)。僕としてはそのほうがおもしろいから、あえて似ないようにしているよ。実際は、パパとお兄ちゃんと僕、笑った顔と声はそっくりだと思う。
桑田 マット(本名・の愛称)は赤ちゃんの頃から面長で、髪も茶色くて外国人みたいだった。でも小学生までは、私と一緒に野球をして黒く日焼けしていたのに……。今では美白に気を使っているし、メイクにも興味を持っているようだね。

(『婦人公論』2017年4月25日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!

掲載号

婦人公論 2017年4月25日号(4月11日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 木村拓哉

2017年4月25日号(4月11日発売)

明日が充実する
生き方のヒント

「百名山」
コンプリートガイド

藤原紀香 新たな世界を知る喜び
桑田真澄×Matt 親子対談
萩原浩司 春の登山ガイド
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ