シリーズ紹介ページ

王城夕紀著『天盆』 【全一巻】 design松田行正+日向麻梨子 

王城夕紀著『天盆』<small><strong> 【全一巻】</strong></small> design松田行正+日向麻梨子 

知の下剋上なるか!? 一気読み、感涙必至の特別賞受賞作

蓋の国を動かすのは、盤戯「天盆」に長けた者。人々は立身を目指して研鑽に励むが、もう何十年もの間、平民から征陣者は生まれていない。そんな中、貧しい食堂に暮らす13人兄妹の末子・10歳の凡天が、激戦を勝ち進む。隣国との小競り合いに街が揺れ、家族に亀裂が生じる中、少年の運命と同時に、国の運命もまた大きく動き出していた――その疾走感あふれる筆致で、C★NOVELS大賞選考会を席捲した冒険作が登場!〈四六判で刊行〉

Charactersキャラクター

小勇
小勇

お調子者の大工で、仕事より賭け天盆に熱心。妻の静とともに、血のつながらない13人の子を育てている。

静

小勇の美しい妻。頼りない亭主を横目に、子どもらと百楽門食堂を切り盛りしている。

凡天
凡天

百楽門食堂に暮らす13人兄妹の末子。幼い頃から天盆に異様な才を示し、三度の飯より対局に夢中。

一龍
一龍

百楽門食堂の頼れる長男。小勇の後を継ぎ、大工として家族を支えている。

二秀
二秀

百楽門食堂の静かな次男。天盆士を目指して日々研鑽を積んでおり、幼い凡天に天盆の手ほどきをする。

士花
士花

百楽門食堂の11番目。赤茶髪の少女。病を抱える身ながら、お転婆で威勢がいい。

王雪
王雪

百楽門食堂の12番目。盲目の少女。得意の占いで凡天の将来を予言する。

立ち読みしてみる

同じ著者の既刊

単行本

マレ・サカチのたったひとつの贈物

王城夕紀 著

四六判/248ページ/定価:本体1600円(税別)
ISBN978-4-12-004701-5 C0093

単行本

天盆

王城夕紀 著

四六判/280ページ/定価:本体1300円(税別)
ISBN978-4-12-978-004634-6 C0093

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター