書籍情報

書籍詳細

八八艦隊海戦譜

C★NOVELS

八八艦隊海戦譜
死闘篇2

横山信義 著

米軍の本格的な中部太平洋侵略を前に、連合艦隊はマーシャルから撤収、トラックへの戦略的撤退を英断。大挙して押し寄せる米艦隊に、「大和」「武蔵」を含む四六センチ砲四隻で邀撃に打って出るが----。

カバー:高荷義之
刊行日:2014/6/25
新書判/272ページ/定価:本体950円(税別)
ISBN978-4-12-501302-2 C0293


はちはちかんたいかいせんふ
しとうへん2


立ち読みしてみる
この作品の冒頭20ページを無料でご覧いただけます。
オンライン立ち読みシステム!


コメント

「戦闘シーンを誰の視点から描くか」
 これは、架空戦記を書くとき、毎回頭を悩まされる問題です。
 戦艦同士の砲撃戦一つを取っても「司令官の視点」「艦長の視点」「砲術長の視点」「航海長の視点」「下士官、兵の視点」等、多数のヴァリエーションがあります。
 更に「日本側の視点で描くか、米側の視点で描くか」といった問題も加わります。
 司令官や艦長の視点で書く場合、全体の戦況は把握しやすいのですが、被弾に伴う阿鼻叫喚などは書きにくいというデメリットがあり、下士官や兵の視点で描くと、迫力は出せるものの、全体像が分かりにくくなります。
「最善の視点」というものは、おそらく存在しないのでしょう。
 このジャンルを書き続けていく限り、この問題には、永久に頭を悩まされるのだろうと思いますが、反面、読者の皆さんには、多様なヴァリエーションをお届けできるのかもしれません。

〔横山信義/2014年6月〕

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター