書籍情報

書籍詳細

虚戦士と終わりの鐘

CN-Fantasia

RINGADAWN〈リンガドン〉

虚戦士と終わりの鐘

あやめゆう 著

前王の隠し子として、追われる身となった少女ミルナ。その前に現れた少年は、伝説の〈虚戦士〉のように禍々しくも鋭く剣をふるい、追手を倒してくれて----御伽噺シリーズ、大団円!!

カバー:BUNBUN
刊行日:2012/3/25
新書判/280ページ/定価:本体950円(税別)
ISBN978-4-12-501194-3 C0293

リンガドン「りんがどん」
うつろせんしとおわりのかね



立ち読みしてみる
この作品の冒頭20ページを無料でご覧いただけます。
オンライン立ち読みシステム!


コメント

 御伽噺シリーズ、完結編です。
 今回は前回と違って、かわいい男の子とかわいい女の子が主人公とヒロインなのですけど、本当かどうかは是非ご確認ください。
 第一稿を書き上げたとき、担当さんからのお言葉が「死体も流血も多かったですね(笑)」というテンション高めのメールだったので、うっかり嬉しくなって改稿作業中に血液と死体を増量しました。そんなわけで今作の戦はちょっぴり派手になっております。
 ところでタイトルに掛かっている『虚戦士』ですが、前回同様、これも一作目のときから決まっていたのですけれど、毎度のことながらどうして自分の首を絞めるのか、私には過去の私がさっぱり理解できません。虚戦士ってなんだよ。
 虚戦士は、死体と死体と死体の中から生まれる御伽噺の怪物です。
 今回、前作や前々作のキャラクターがぞろぞろ登場しますので、よかったらどうぞ、終わりの鐘が響く様をご確認ください。
楽しんでいただけたら幸いです。

〔あやめゆう/2012年03月〕

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター