北条氏康第四十五回

 当初、冬之助は一千の兵を朝興から借りるつもりだった。
 最後の話し合いで、五百に減らしたいと申し出たが、結局、冬之助が引き連れていったのは、わずか三百に過ぎない。
 蕨城を包囲していた扇谷上杉軍は三千である。冬之助が借りる兵が少なければ、朝興を守る兵の数が増えることになるから、冬之助としては、できるだけ多くの兵を残したいと考えた。三百ならば、残りは二千七百だ。それだけの兵がいれば、たとえ相手が数倍の敵であっても、一刻(二時間)くらいは持ちこたえられるだろうと考えた。
 北条軍が一万五千といっても、そのすべてが一度に襲いかかってくるわけではない。北条軍は先鋒、中軍、後軍の三つに分けられており、江戸城を出た時間も違っている。
 最初に朝興が相手にするのは先鋒の三千で、それならば兵力は互角である。中軍が先鋒に追いつくのに半刻(一時間)くらいはかかるであろうし、後軍が白子原に着くのは、もっと後だ。
 もっとも、朝興から借りる兵の数を一千から三百に減らしたのは、朝興の身を案じたせいばかりではない。それが最も効率的だと考えたからだ。
 その三百の兵は、すべて騎馬なのである。
 最初の予定では、騎馬二百、歩兵八百を連れて行くつもりだった。
 だが、歩兵が騎馬の速度を鈍らせることになると考え直し、歩兵を減らして騎馬を増やそうと考えた。それで五百に減らすことにしたのである。
 だが、五百頭の馬を冬之助が連れて行けば、朝興の手許に馬がほとんど残らなくなってしまう。それでは万が一のとき、河越城に逃げ帰ることができない。それ故、ある程度の馬は残していく必要があった。
 朝興には、
「白子原で死ぬ覚悟で、決して本陣を動かないでいただきたい」
 と頼んだが、あくまでも冬之助が生きている間の話である。冬之助の策が失敗し、冬之助が死ねば、朝興が戦場に留まる理由はなくなる。
 そのときには戦場を離脱し、河越城に朝興を連れ帰ってほしい、と曾我兵庫に耳打ちしてある。
 朝興は臆病ではないが、剛胆とは言えないし、武勇に優れているわけでもない。場合によっては逃げてもらうなどと言えば、それを期待して浮き足立つ怖(おそ)れがあるから、朝興に腹を括(くく)らせるために、白子原で死んでほしい、という厳しい言い方をしたのである。
 それらのことを考え合わせ、三百の騎馬だけを率いていくことにした。行軍速度が作戦の成否を分ける、という判断である。
 冬之助の立案した策は決して複雑ではない。
 複雑どころか、単純そのものといっていい。
 狙うのは氏綱の首だけである。軍勢同士の戦いではまったく勝ち目がないので、総大将の首を奪うことで北条軍を混乱させようというのだ。三百の騎馬隊があたかも一本の矢のようになって北条軍に風穴を開け、一気に氏綱の首を奪う。
 もちろん、北条軍は大軍である。まともにぶつかってもはね返されるだけであろう。
 だからこそ、様々な味付けをした。
 ひとつには、扇谷上杉軍は弱い、という先入観を北条軍に植え付けることである。そのために、この何ヶ月か蕨城を攻めては、北条軍に追い返されるというみじめな戦いを繰り返した。今では北条軍は扇谷上杉軍を侮(あなど)っているはずだ。白子原に出てきたと知っても、罠を警戒するのではなく、戦う振りをして、さっさと河越城に逃げ帰るのであろうと高を括るに違いない。
 だから、北条軍の先鋒は何の疑いもなく白子原に進出し、こちらから小競り合いを仕掛ければ、すぐ誘いに乗ってくるであろう。戦いを自重し、氏綱が到着するまで開戦を控えようなどとは考えないはずだ。そうなれば、こっちのものだ。
 なぜ、白子原なのか?
 広々とした平地で、大軍を動かすには都合がいい。
 北条軍には有利だが、扇谷上杉軍には不利な土地である。数で敵に劣る場合、進退の不自由な狭隘(きょうあい)地に敵を誘い込め、というのが兵法の教えるところである。それとは、まったく逆なのだから、朝興や曾我兵庫が驚くのは当然であった。
 だが、冬之助が着眼したのは白子原そのものではなく、白子原に至る地形である。
 北条軍が北上して白子原に出るには、最後の数町ほど、狭隘地を通らなければならない。道の左右は深い森と沼地で、その道も馬二頭がかろうじて並んで進むことができる程度の幅しかない。
 つまり、北条軍は白子原に出る直前、縦に長く伸びきった状態で、その道を進まなければならないのである。
 先回りして、森に兵を隠し、氏綱が通りかかったところを襲えば、冬之助が相手にするのは一万五千の北条軍ではなく、氏綱の周囲にいるわずか数十人の護衛だけということになる。
 白子原で北条軍に決戦を挑むというのは、本当の狙いを北条軍に知られないための偽装に過ぎない。
 金石斎が推測したように、世間に向けて見栄を張るために扇谷上杉軍は南下しているのではなく、本気で白子原で北条軍を迎え撃つ覚悟だが、あくまでも冬之助を援護するためであり、冬之助が作戦を実行するまでの時間稼ぎをし、北条軍を油断させることが目的である。

 三百騎は大きく迂回(うかい)して目的地に向かう。
 北条軍の偵察網の優秀さは冬之助もよく知っているから、その偵察網に絶対に引っ掛からないように心懸けたのである。万が一、別働隊の存在を北条軍に知られれば、冬之助の意図を見抜かれてしまうに違いない。
 冬之助は北条氏を憎んでいるが、北条氏を侮ってはいないし、北条氏に仕える軍配者たちの能力も認めている。
 迂回することで長い距離を進まなければならないから時間がかかる。馬に乗っていても気が急(せ)くほどだ。歩兵など連れていたら、とても間に合いそうにない。
(よし、今のところはうまくいっている)
 騎馬と歩兵の入り交じった一千の兵ではなく、騎馬だけの三百の兵を率いるという自分の判断が間違っていなかったことに、道々、冬之助は満足した。
 氏綱を襲撃する機会は一度しかない、と肝に銘じている。やり直しは利かないのだ。
 だからこそ、そこに至るまでの準備は完璧でなければならない。たとえ準備が完璧であったとしても、成功する可能性は限りなく低いのだから、準備が不完全だったら、成功の可能性などなくなってしまう。
(いける。きっと、うまくいく)
 このまま北条軍の偵察網に引っ掛かることなく待ち伏せ地点に着くことができれば、きっと作戦は成功する、と冬之助は己に言い聞かせる。

北条氏康

画・森美夏

Synopsisあらすじ

伊豆・相模を制し、梟雄と呼ばれた祖父・北条早雲がついに逝ったのは、伊豆千代丸(のちの北条氏康)が五歳の夏だった。家督を継いだ父・氏綱は小田原を本拠に、関東への版図拡大を画している。早雲は孫の治世を見越し、ある手を打っていた……。軍配者シリーズ、北条早雲シリーズに連なる〈北条サーガ〉最終章が、ついに始動!

Profile著者紹介

1961年、北海道生まれ。98年に第4回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』でデビュー。

「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」「生活安全課0係」シリーズを始めとする警察小説から、『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』『謙信の軍配者』の「軍配者」シリーズや『北条早雲』全5巻などの時代・歴史小説まで、幅広いジャンルで活躍している。

Newest issue最新話

Backnumberバックナンバー