ホーム > 新書 > 高地文明―「もう一つの四大文明」の発見

中公新書

高地文明―「もう一つの四大文明」の発見

山本紀夫 著

「四大文明」は、ナイルや黄河などの大河のほとりで生まれたとされる。しかし、これら以外にも、独自の文明が開花し、現代の私たちに大きな影響を与えた地がある。それが熱帯高地だ。本書はアンデス、メキシコ、チベット、エチオピアの熱帯高地に生まれ、発展してきた四つの古代文明を紹介。驚くほど精巧な建築物から、環境に根ざした独特な栽培技術や家畜飼育の方法、特色ある宗教まで、知られざる文明の全貌を解き明かす。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/6/22
  • 判型新書判
  • ページ数336ページ
  • 定価1155円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102647-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・産経新聞2021年8月1日/宮田珠己(エッセイスト)
・毎日新聞(朝刊)2021年7月17日/中村桂子(生命誌研究者)
・読売新聞(朝刊)2021年7月4日



関連書籍

web中公新書