ホーム > 新書 > 植物のいのち

中公新書

植物のいのち

からだを守り、子孫につなぐ驚きのしくみ

田中修 著

森の中で巨樹を伐る。轟音を立てて倒れ、生命が絶たれたように見える。だがしばらくすると切り株から小さな芽が生まれてくる。死んだと思った木は生きていたのだろうか? 植物の「いのち」は、わたしたち動物とはずいぶん違って見える。動かず、しゃべらず、食べない。一方で、栄養を自分で作る、体の一部が失われても復活するなど、動物には真似できない能力も持つ。ユニークな「いのち」の形と仕組みをやさしく解説。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/5/20
  • 判型新書判
  • ページ数240ページ
  • 定価946円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102644-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・週刊東洋経済2021年7月10日号
・朝日新聞(朝刊)2021年6月19日



関連書籍

web中公新書